「アップルの発音」パンの日 105回目(2/26更新)

今日は 「アップルの発音」パンの日 105回目。
せっかくの店頭販売の日だというのにあいにくの雨。おかげで久しぶりに店頭にいるAppleの発音の青木さんをじっくり拝見することが出来ました。天気はいまいちでも暖かかったこともあり売れ行きはまずまずで、即完売とはいかなかったものの15:30には完売しました。こんな雨の中来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

10apple_0226-1.jpg
「本日のキッシュ」 。当日まで中身が秘密だったのはもったいぶっていたからではなく、決まっていなかったからだそうです。

10apple_0226-2.jpg
気になる中身は、ベーコンとココナッツでした。Appleの発音得意の甘いのと辛いのの組み合わせ。

10apple_0226-3.jpg
手前「ナゼ、走る」、奥「この暑さとかさえも」。

10apple_0226-4.jpg
「箱レター」。今日はカットしたところでご紹介。販売はもちろんキューブ型のままです。

「アップルの発音」パンの日 105回目(2/25更新)

明日2/26(金)は 「アップルの発音」パンの日 105回目。
今週は一気に気温が上がって、春本番のような一週間でした。ついつい2月だというのを忘れてしまいそうですが、まだ2月です。でも2月ももうおしまい。ということで今回のパンの日は月末恒例Appleの発音 青木さんの店頭販売の日です。先月は配達から帰って来られた頃には完売していて、ちょっともの足りなさそうだった青木さんですが、今月はどうなるでしょう。お天気がちょっと心配ですが、それ以上に楽しみな明日のパンはこちらの4種類。

「ナゼ、走る」 ¥150
くるみを使った生地でチョコレートを包んだパンです。

「この暑さとかさえも」 ¥160
ドライマンゴーを混ぜた生地でベーコンを巻いたパンです。

「本日のキッシュ」? ¥160
中身は当日のおたのしみです。

「箱レター」 ¥170
キューブ型の食パンです。

今週のパンのお話はお休みです。また次回おたのしみに。

「アップルの発音」パンの日 104回目(2/19更新)

今日は「アップルの発音」パンの日 104回目。
久しぶりにすっきり晴れて日射しは暖かかったものの、まだまだ空気は冷たいこの時期らしい一日でした。今回はいつものお客様に加えて、初めてのお客様がたくさん来て下さいました。お気に入りのパンのひとつにAppleの発音のパンを加えていただけたら、とてもうれしいです。今日も買いに来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

10apple_0219-1.jpg
手前が今回prideli初登場の「たくましき哉」。その奥の「箱レター」にも引けを取らない存在感。サンドイッチにもぴったりなプレーンなフランスパンです。

10apple_0219-2.jpg
左「落ちてしまわないように」、右「やさしくなれない事もある」。「落ちてしまわないように」は登場する度に印象が違うような…。

「アップルの発音」パンの日 104回目(2/18更新)

明日2/19(金)は「アップルの発音」パンの日 104回目。
寒い寒いと言いながらも、気づけば2月も折り返し地点を過ぎ、花粉情報や桜の開花予報なんかも聞こえるようになってきて、季節は着々と春に向かって進んでいるようです。そんな予感に触発されてか今週は新作パンが登場。ちょっと新展開の予感のする明日のパンはこちらの4種類。

「やさしくなれない事もある」 ¥130
バジルを使った生地でチーズを包んだパンです。

「落ちてしまわないように」 ¥130
ブリオッシュ生地をマカロンのクリームで包んだパンです。

「箱レター」 ¥170
キューブ型食パンです。

「たくましき哉」 ¥190〈NEW!!〉
長時間発酵のフランスパンです。

そして今回もパンより先にお話が届きました。国語の教科書を思い出しながらお楽しみください。

tensen.gif

「れ、モン」

五、六人の作家が作った器を扱ったギャラリーで、梶井基次郎の小説「檸檬」、と同じようなことをしている男を見かけた。

レジ前でパソコンを眺めている店員の死角らしき棚の皿を、積み上げては檸檬を乗せ、また積み直したりしている。僕は少し離れたところで、急須や湯呑み茶碗を手に取り眺める振りをして、その光景に見入っていた。

何度も何度も繰り返し檸檬が乗せられた末に格好がついたのか、その男は何となく僕の方へと歩いてきた。

「続きはあなたがどうぞ」

そう声をかけられた僕はハッと我にかえって、「いえ違うんです」、と言ったが男はすでに店の外へ消えていた。

僕はあらためて檸檬に向き直った。

そしてジックリと見直した。

もう一枚、もう一枚だけ檸檬の下へ青い皿を敷きたい。そう思った僕は、偶然にもそばにあった「MOTOJIRO」という琉球ガラス作家の青い皿を持って、檸檬に近づいた。

tensen.gif

「アップルの発音」パンの日 103回目(2/12更新)

今日は「アップルの発音」パンの日 103回目。
すっきり晴れ!とはいかないまでも、久しぶりに晴れ間ののぞく、まずまずのお天気になりました。とはいえ真冬の寒さはそのままでしたが、このところのAppleの発音の快進撃は止まりません。老若男女を問わないモテっぷりで、今回も13:30には全てのパンが完売してしまいました。今日も来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

10apple_0212.jpg
手前から、「ドーニモ・コーニモ」、右「朝から可憐s」、左「そしたら、雨が降ってきて」、奥「箱レター」。

「アップルの発音」パンの日 103回目(2/11更新)

明日2/12(金)は「アップルの発音」パンの日 103回目。
今週はずっと暖かい雨の日が続いていたかと思うと、一転真冬の冷たい雨に逆戻り。三寒四温なんていいますが、こうも気温差が激しいと体にこたえます。明日も寒くなりそうですので、しっかり暖かくしてお越し下さい。寒くても暖かくても食べたい今週のパンはこちらの4種類。

「朝から可憐s」 ¥100
ラム酒に漬けたカレンズを混ぜた天然酵母パンです。

「そしたら、雨が降ってきて」 ¥130
レーズンとオレンジピールを混ぜた天然酵母パンです。

「ドーニモ・コーニモ」 ¥160
ハーブのミントを混ぜた生地で黒豚のソーセージを巻いたパンです。

「箱レター」 ¥170
キューブ型食パンです。

そして今週のお話は、パンよりもお話が先行した初めてのパターン。どんなパンが出来上がるのか想像しながらお読みください。タイトルもまた意味深です。

tensen.gif

「まだ見ぬものへ」

男は仕事の合間をみて三階にある営業課の部屋から、七階にあたる屋上菜園へ向かった。するとすでにおじいさんはいて、草むしりをしていた。

「やあやあやあ、又お会いしましたな。お仕事は順調ですか。それにしてもあなたが育てているキャベツの、日に日に大きくなる穴には、毎度惚れ惚れしてしまう。こうは虫もなかなか空けてくれないものですよ。」

男は笑って答えた。
「実は願掛けをしているんですよ」

この穴に?どんな?と聞くおじいさんに、男はまわりに誰もいないことを確認すると、小さな声で「落ちないように」と答え、

ふたりは笑った。

tensen.gif

「アップルの発音」パンの日 102回目(2/5更新)

今日は「アップルの発音」パンの日 102回目。
昨日に続いて寒い寒い一日になりました。しかし、そんな寒さなんかに負けることなく、今日のパンの日も絶好調!販売開始から続々とお客様が来られて、13:00には早々と完売してしまいました。
近頃は初めて来て下さる方もチラホラお見かけするようになって、Appleの発音のパンのおいしさがどんどん広まっている模様。応援する身としてもうれしい限りです。ぜひまた買いにいらして下さいね。
今週も買いに来て下さった皆様、お寒い中本当にありがとうございました。売り切れで買えなかった皆様、申し訳ありませんでした。

10apple_0205.jpg
手前から「白い部屋では」、左「パク・パン子のかりそめエクササイズ」、右「日曜日、ボチボチしたい方へ」、奥「箱レター」

NEXT >>

パンとお話 Appleの発音

平野にある古い長屋を改装した小さなお店で、ひとつひとつていねいにパンを作っています。パンにはそれぞれタイトルとお話がついて、パンとお話がリンクするようなしないような、不思議な味わいも魅力です。

大阪市平野区流町1-9-14
TEL:06-6701-7169
お店のブログ
http://applenohatsuon.blogspot.com/
アップルの発音。パンとコーヒーと本、のちフリーマーケット
4.02.MON
アップルの発音。パンとコーヒーと本、のちフリーマーケット
イベント特設ブログ
アップルの発音。パンとジュースとフリーマーケット
2011.4.29
パンとジュースとフリーマーケット
イベント特設ブログ
アップルの発音。パンとジュースとフリーマーケット
2010.4.29
パンとジュースとフリーマーケット
イベント特設ブログ
アップルの発音。パンと紅茶とフリーマーケット
2009.4.29
パンと紅茶とフリーマーケット
アップルの発音。パンとスープとフリーマーケット
2008.4.29
パンとスープとフリーマーケット
アップルの発音。パンとフリーマーケット
2007.11.9
パンとフリーマーケット