「アップルの発音」パンの日 151回目(1/28更新)

今日は「アップルの発音」パンの日 151回目。
今年最初の店頭販売の日でしたが、日差しはあっても寒い寒い一日でした。Appleの発音の青木さんも外に立ってるのがとても寒そうでした。こんな真冬に店頭販売なんてやらせて、本当にごめんなさい。それでもその甲斐あって、14:00前に全てのパンが完売。寒い中買いに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

11apple_0128-1.jpg
新作「まだ未題です」。切れ目からのぞいているのは

11apple_0128-6.jpg
マッシュポテトとモッツァレラチーズ。

11apple_0128-4.jpg
「ごちそうさまの前に」。「箱レター」型の四角い食パンの中に、赤ワイン漬けのレーズンが入った自家製酵母食パン。

11apple_0128-5.jpg
手前から時計回りに、「イチゴジャムとクリームチーズのタルト」、「落ちてしまわないように」、「白い部屋では」。

「アップルの発音」パンの日 151回目(1/27更新)

明日1/28(金)は「アップルの発音」パンの日 151回目。
相変わらず寒い日が続きますが、月末恒例店頭販売から200回目に向けての折り返しスタートです。寒い中店頭で販売してくださるAppleの発音の青木さんに、ホクホクで帰っていただけるように、たくさんのみなさんのお越しをお待ちしています。青木さんは13:00くらいから店頭販売を開始する予定です。新顔が登場の今回のパンはこちらの5種類。

「白い部屋では」¥100
牛乳で仕込んだ白パン。

「まだ未題です」¥120〈NEW!!〉
マッシュポテトとモッツァレラチーズを包みました。

「落ちてしまわないように」¥130
ブリオッシュ生地をマカロンクリームで包みました。

「イチゴジャムとクリームチーズのタルト」¥160

「ごちそうさまの前に」¥260
オーガニックの小麦粉を使い、赤ワイン漬けのレーズンを混ぜた自家製酵母食パン。

今回はパンのお話はお休みです。次回をおたのしみに。

「アップルの発音」パンの日 150回目(1/21更新)

今日は「アップルの発音」パンの日 150回目。
150回目を祝うような快晴!とはいかない、晴れたり曇ったりのあいにくなお天気でしたが、それでも150回を彩るにふさわしい、Appleの発音ならではの素朴だけどひと癖ある、バラエティー豊かなパンたちが揃いました。いつも買いに来てくださっている皆様には、懐かしかったりお久しぶりだったりのパンが登場して、楽しんでいただけたんではないでしょうか。今日も買いに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。めざせ200回!でこれからも応援よろしくお願いします。

11apple_0121-1.jpg
記念すべき1回目のイベント「アップルの発音。パンとフリーマーケット」に登場したスペシャルパン「沖へ沖へ」のリニューアル版。

11apple_0121-2.jpg
こちらはおなじみの「箱レター」みたいな顔をしていますが、

11apple_0121-3.jpg
一昨年prideliで開催した「キナリ・コキナリ展」のために特別に作っていただいた「布」のリニューアル版でした。

11apple_0121-4.jpg
手前から「赤か白か」、「きらきら」、「そしたら、雨が降ってきて」。実は、昨日のお話「赤か白か」には、こっそり150が隠れていたそうです。気付かれた方いらっしゃいましたか?あまりに控えめなのでなかなか気付きにくいかもしれませんが、ぜひ探してみてください。

「アップルの発音」パンの日 150回目(1/20更新)

明日1/21(金)は「アップルの発音」パンの日 150回目。
なんとパンの日も今回で150回目!だからといって特別なことは特にありませんが、いつも通りAppleの発音の青木さんが、心を込めておいしいパンを作ってきてくださいます。200回目への折り返しという意味も、あるのかないのか(たぶんありませんが)、今回はprideliとゆかりの深い、お久しぶりのパンが2つ、リニューアルして登場です。

「赤か白か」¥120
全粒粉を使った自家製酵母パンに発酵バターとオーガニックの蜂蜜とクルミをサンドしました。

「そしたら、雨が降ってきて」¥130
オレンジピールとレーズンを使った自家製酵母パン。

「きらきら」¥150
アプリコットとホワイトチョコチップを使ったパン。

「沖へ沖へ」¥190〈Renewal!!〉
ソーセージと赤ワイン蜂蜜のソースを使ったパン。

「布」¥280〈Renewal!!〉
オーガニックの小麦粉を使い、ジャガイモとイエローマスタードを混ぜた自家製酵母食パン。

今回のパンのお話は、150回を祝う意図があるのかないのか(きっとないと思いますが)、なんともめでたそうな題名のお話。

tensen.gif

「赤か白か」

祖父はむかし広大な葡萄畑を持ち、ワイン作りの仕事をしていた。

幼少の頃の私は、ワインを寝かせる地下貯蔵庫へ、祖父にねだってはよく連れていってもらった。そのくせ地下貯蔵庫へ着くなり泣き出しては、すぐに地上へ戻りたがり祖父を困らせていた。

何かと厳しかった祖父だったが、そのやり取りだけは祖父を楽しませていたようだ、ということを祖父が亡くなったあとに祖母から聞いて知った。
そしてその言葉と共に、手書きで「1861年」とだけ書かれたラベルのワインを受け取った。
祖母は言った。
「それはあなたが、あのひとから受け継いだ葡萄畑で、一番最初に作られたワインの年号の赤よ」
と。

tensen.gif

「アップルの発音」パンの日 149回目(1/14更新)

今日は「アップルの発音」パンの日 149回目。
日差しはあっても空気が冷たい、この時期らしい寒い一日でした。そんな寒さにも負けず、Appleの発音の青木さんは、夜明け前からせっせとパンを作ってきてくださいました。そんながんばりの甲斐あって、今日のたくさんのお客様が来てくださり、15:00前に全てのパンが完売しました。買いに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

11apple_0114-1.jpg
今回初登場「しっとり柔らかめの自家製酵母パンのベーコンとレンコンのサンドイッチ」。ベーコンとレンコンの組み合わせが斬新で、Appleの発音らしいサンドイッチ。

11apple_0114-2.jpg
手前「パク・パン子のかりそめエクササイズ」。ちょっと見た目が変わりました。奥「きな粉とクリームチーズのタルト」。

11apple_0114-3.jpg
左「IN/SECTSの発音」、右「箱レター」。

「アップルの発音」パンの日 149回目(1/13更新)

明日1/14(金)は「アップルの発音」パンの日 149回目。
成人式も終わって学校も始まって、街はすっかりいつもの様子を取り戻しました。相変わらず寒い日が続きますが、寒い寒い言っててもしょうがありません。新年2回目、Appleの発音の青木さんも調子が上がって来たようです。今回はバリエーションも豊かなって、さらにちょっと変わった新作パンも登場します!

「IN/SECTSの発音」¥140
レモンピールとグリーンペッパーを使った自家製酵母パン。

「パク・パン子のかりそめエクササイズ」¥140
クルミあんパン。

「きな粉とクリームチーズのタルト」¥150

「箱レター」¥170
キューブ型食パン。

「しっとり柔らかめの自家製酵母パンの
ベーコンとレンコンのサンドイッチ」¥250〈NEW!!〉

今週のパンのお話はお休みです。次回をお楽しみに。

「アップルの発音」パンの日 148回目(1/7更新)

今日は「アップルの発音」パンの日 148回目。
昨晩からぐーっと冷え込んで、2011年のパンの日は、氷も張るような寒い寒いスタートになってしまいました。それでも来てくださった皆様、本当にありがとうございました。今年も一年、寒い日も暑い日も、変わらずAppleの発音の青木さんが手作りのパンを届けてくださいます。引き続き応援よろしくお願いします。

11apple_0107-1.jpg
左「白い部屋では」、右「いつも思うこと」

11apple_0107-2.jpg
左から「何て呼べばいいんだろう」、「ハーフムーンベイ」、「箱レター」

NEXT >>

パンとお話 Appleの発音

平野にある古い長屋を改装した小さなお店で、ひとつひとつていねいにパンを作っています。パンにはそれぞれタイトルとお話がついて、パンとお話がリンクするようなしないような、不思議な味わいも魅力です。

大阪市平野区流町1-9-14
TEL:06-6701-7169
お店のブログ
http://applenohatsuon.blogspot.com/
アップルの発音。パンとコーヒーと本、のちフリーマーケット
4.02.MON
アップルの発音。パンとコーヒーと本、のちフリーマーケット
イベント特設ブログ
アップルの発音。パンとジュースとフリーマーケット
2011.4.29
パンとジュースとフリーマーケット
イベント特設ブログ
アップルの発音。パンとジュースとフリーマーケット
2010.4.29
パンとジュースとフリーマーケット
イベント特設ブログ
アップルの発音。パンと紅茶とフリーマーケット
2009.4.29
パンと紅茶とフリーマーケット
アップルの発音。パンとスープとフリーマーケット
2008.4.29
パンとスープとフリーマーケット
アップルの発音。パンとフリーマーケット
2007.11.9
パンとフリーマーケット